遺産相続を上手く乗り切るコツ|相続メディア

突然やってきた遺産相続をトラブル無く乗り切るための情報を発信していきます!

遺産相続メディア

現金と不動産では相続に違いがある?

相続では、預貯金などのお金だけでなく、不動産という形で相続する場合もありますが、それぞれ違いがありますのでご紹介いたします。

よく現金よりも不動産で相続する方がお得だと言われていますが、現金を相続する場合には、現金にはそのままの価値があり、相続税の計算もそのまま行うのです。

貸し出し不動産の相続の場合には、相続税評価額などが関係しており、現金と同じ価値で評価されないのです。

不動産評価額を下げる方法として、誰かに貸し出している不動産は、借地権割合や借家権割合によって評価額を下げることができるようになるのです。

貸し出し用不動産の評価額は、「相続税評価額×(1-借地権割合×借家権割合)」で計算することができますよ。

-遺産相続メディア