遺産相続を上手く乗り切るコツ|相続メディア

突然やってきた遺産相続をトラブル無く乗り切るための情報を発信していきます!

遺産相続メディア

贈与税と相続税の違い

贈与税と相続税は名前やその内容が似ているのでこんがらがってしまいますが、それぞれの大きな違いは発生するタイミングです。
贈与税は贈与者と受贈者が合意した時点で発生し、相続税は相続人が死亡した時点で発生します。

また税率も違います。贈与税と相続税では単純な税率では贈与税の方が高くなりますが、だからといって単純に相続税の方がお得になるというわけでもありません。
例えば不動産や株など後から価値が大きく上がる可能性があるものに関しては、価値が上がる前に贈与税を払って先に贈与しておいた方がお得になる可能性も出てきます。
基本的には相続税の方がお得、場合によっては贈与税を払ってでも早く贈与を受けておいた方がお得という場合もあるということです。

このように贈与税と相続税は似ていて結構違う部分があるので、どういう手段を取るのがいいか悩んだら税理士などに相談してみることをおすすめします。

-遺産相続メディア