遺産相続を上手く乗り切るコツ|相続メディア

突然やってきた遺産相続をトラブル無く乗り切るための情報を発信していきます!

遺産相続メディア

遺留分放棄と相続放棄の違い

相続放棄という言葉は聞き覚えがあると思いますが、それに似た言葉として遺留分の放棄というものがあります。
それぞれ似た言葉、似た制度であるので、混合してしまわないように注意しましょう。

まず遺留分放棄とは、遺留分の権利を持つものが、自分の遺留分を放棄することです。遺留分とは、被相続人の財産に対して最低限もらえる取り分のことです。
つまり、被相続人にAとBという子供がいた場合、遺留分によってそれぞれに最低限の相続が行われますので、Bだけに全財産を相続させるということは出来ないことになります。
ただし、Aが遺留分の放棄をした場合、Bに全財産を相続させることができるのです。

これだけの説明だと相続放棄と変わらないように思いますが、相続放棄と遺留分放棄の大きな違いは、相続人としての権利が残るかどうかとなります。
遺留分の放棄は遺留分を請求する権利を失うだけで、相続人としての権利は失いません。
一方で相続放棄をすると相続人としての権利も失います。

-遺産相続メディア